Home > 未分類 > 小説作家志望のやつら、お題「爆発した」で文章力の鍛錬してみないか?

小説作家志望のやつら、お題「爆発した」で文章力の鍛錬してみないか?

112014/03/25(火)18:04:06 ID:JDDcIaeOg

爆発音がした。

小説・ラノベ作家を目指してるやつ
まあここで修業していけよ

21まずは俺から2014/03/25(火)18:04:58 ID:JDDcIaeOg

――破裂音 。
背後で唐突に沸き起こったそれは、俺の危機感を煽るには十分なものだった。
獣の咆哮にも似た、大気の振動。
しばらく呆気にとられ、俺はようやく、近隣の車両が爆発したことを知ったのだ。

6名無しさん2014/03/25(火)18:07:53 ID:QusFFd3Dq

いや、例文が短すぎて・・・。

俺、車両って要素が例文にないもの。

>>2
の文章の主題は、「爆発した」ことではなく、
俺が爆発したことを「知った」になってるし。

4名無しさん2014/03/25(火)18:06:13 ID:kQ3kOtcch

>>2おおラノベっぽいな


3名無しさん2014/03/25(火)18:05:47 ID:2IkAIjYal

ハルヒが教室で爆発した

512014/03/25(火)18:07:18 ID:JDDcIaeOg

いっしょにがんばろーぜ

7名無しさん2014/03/25(火)18:08:04 ID:kQ3kOtcch

>>5何か書いたりする職業か?

912014/03/25(火)18:09:15 ID:JDDcIaeOg

いやプロではないよ(´・ω・`)

8名無しさん2014/03/25(火)18:08:55 ID:6K7eiRhYA

背後から爆発音がする

振り返る

この過程を描写するという理解でおk?

1112014/03/25(火)18:09:55 ID:JDDcIaeOg

>>8
okok

10名無しさん2014/03/25(火)18:09:45 ID:YRWgnDrAB

少女の裸体を目撃してしまった。
非常に後悔。加えて小学生。公園の木の陰に隠れる少女。
少女は僕に気付く。慌てて立ち去ろうと踵を返して少女から背を向けるが--
性欲が爆発した。

1312014/03/25(火)18:10:54 ID:JDDcIaeOg

>>10
やるじゃん
こんな短いのにオチがある

14名無しさん2014/03/25(火)18:11:06 ID:kQ3kOtcch

>>10はよ

16名無しさん2014/03/25(火)18:16:05 ID:YRWgnDrAB

>>14
僕は少女のクリ●リスボタンを押す。
少女「ひえええ、爆発しちゃうよぉぉ」
やれやれ。僕は射精した。  終わり

18名無しさん2014/03/25(火)18:17:06 ID:kQ3kOtcch

>>16感動した

19名無しさん2014/03/25(火)18:18:45 ID:eoTgJZFc2

>>16
わろた

15名無しさん2014/03/25(火)18:14:36 ID:eoTgJZFc2

ーした途端背後で爆発が起きた。
俺はリア充が爆発したんだ と淡い期待を抱いて後ろを振り返った。

1712014/03/25(火)18:16:56 ID:wgVz2CsaN

>>15
続き読みたくなるな

20名無しさん2014/03/25(火)18:20:10 ID:T9plW6rfX

クズ切れの様に横たわるかつての友人。それの頭部を右手で掴むスーツ姿の大男。
そいつは不気味な笑みでこちらに顔を向けると、俺の頭の中で、なにかが破裂…。いや、爆発した。

21名無しさん2014/03/25(火)18:22:15 ID:AHvERRuSK

クズ切れちょっと違和感

22名無しさん2014/03/25(火)18:24:32 ID:CxknDebbq

なんだか、妙に焦げ臭いにおいがした。
気が付いたら、僕の体は後ろを振り返っていた。耳をつんざく大きな音、真っ赤に燃える炎。真黒な煙、人々の叫び声・・・。

爆発だ。爆発が起きたのだ。

23名無しさん2014/03/25(火)18:25:23 ID:FQnknbzyU

耳に刺さるような爆発音だった
僕はあわてて振り返った
妹だった

2712014/03/25(火)18:29:39 ID:AM61ViiiP

>>23
不思議ワールド全開w

26名無しさん2014/03/25(火)18:28:55 ID:QusFFd3Dq

そのとき教室で爆発音がした。
廊下にいた俺と佐々木は顔を見合わせた。
急いで教室にもどると、壁一面が真っ赤に染まり、ポタポタと鮮血が滴り落ちていた。
そこらじゅうに散らばっているピンク色の塊は、肉片だろう。
その場にいた由美子がクスクス笑いながら言った。
「工藤君よ」
彼女の頬にも血がべっとりとついている。
「そうか」
佐々木が合点したように言った。
「あいつ、昨日から様子が変だったもんな」
そういえば俺にも思い当たる節がある。
あの大人しい工藤が、昨日、今日と訳も分からず浮かれていた。
すでに爆砕細胞が工藤の体内で励起していたのだろう。
様子が変だと言えば由美子、お前はどうしてこの惨状を前にして笑っているんだ?

2912014/03/25(火)18:32:31 ID:2IkAIjYal

>>26
これは引き込まれるし続きが気になる

28名無しさん2014/03/25(火)18:31:33 ID:HC0G8cLbF

電車の後ろの方で爆発音がした。
それは静かな空気の流れる車内には大きすぎる音だった。
恐怖と緊張でパニックになる乗客。
しかし私は振り返りながら一言、
「実験は成功だ」と呟いた。

30名無しさん2014/03/25(火)18:32:42 ID:Gxz1drlDb

爆発。
一瞬の空間の静寂を切り裂いて破裂音が響き渡った。
夢にまで見た完全犯罪が成功した!
俺は、子供の頃以来感じた事がないほどの心の奥底からの喜びを感じながら、
「友紀ー!」
と力の限り妻の名を叫んだ。
周りの警察が無理矢理私を羽交い絞めにし、爆発した方に行こうとするのを阻止した。
表情とは裏腹に、じわじわと心に静かな喜びが込み上げてくるのが分かった。しっかり眉の筋肉に力を入れた。

31名無しさん2014/03/25(火)18:33:31 ID:QusFFd3Dq

>>30
めっちゃ面白そうwww

33名無しさん2014/03/25(火)18:35:25 ID:RRSQI7CYK

隣の席の女から爆発音がした。
脳がその音の意味を理解する前に、鼻に、強烈な、まるで卵を100個茹でて1年間放置したかのような強烈な腐卵臭が届いて俺は不覚にもその場で吐いてしまった。
しまった、と思った時には既に教室は罵倒と嘲笑に溢れていた。
ああ、なんてことだ。俺の学生生活は終わってしまった。今後3年間俺はゲロ男としての汚名を被せられて惨めに生きていくのだろう。
それもこれも、この女のせいだ……そう思い俺はゲロに塗れた顔で女の方を睨んでやると、女は怯えたように席を立ちトイレに行ってしまった。
こら、お前のせいで俺はこんな目に会ってんだぞ。グラウンドゼロ女が。死ね。

4112014/03/25(火)18:41:00 ID:KZwldaOrB

>>33
負のオーラが滲み出るようだw

37名無しさん2014/03/25(火)18:38:11 ID:VLL5uI4UV

夕方、僕は家でテレビを見ながらゴロゴロしていた。
そこに買い物を終えた母ちゃんが、手提げ袋をぶら下げて帰ってきた。
「今日はスーパーで冷凍食品が安かったからたくさん買ってきたわ」
そう言いながら母ちゃんが取り出した冷凍食品は中国産、僕はげんなりした。
「母ちゃん、中国産とか危ないだろ、やめろよ。農薬とかさ」
でも母ちゃんはまったく気にする様子も無く、台所へ向かいながら言った。
「大丈夫大丈夫!火を通したら全然大丈夫だって!」
五分後、台所から爆発音がした。

4612014/03/25(火)18:44:10 ID:KZwldaOrB

>>37
中国産はなぜ爆発するのかw

39名無しさん2014/03/25(火)18:39:02 ID:2xq63M632

>>37わろた

40名無しさん2014/03/25(火)18:39:03 ID:QusFFd3Dq

>>37
ワロタ。でも母ちゃん・・・

38名無しさん2014/03/25(火)18:38:46 ID:2pKpVmZAG

瞬間俺の身体の芯で爆発が起きた。
怒りに身を任せたテレフォンパンチ。
カーちゃんはニヤニヤ笑いをくずさず俺の渾身の打撃をするりと避ける。
勢いが止められず無様に前のめりに倒れる俺にカーちゃんの
無慈悲な言葉がまた繰り返される。
「あんたのゲームは全部捨てちゃったよ!働け!明日から!馬車馬のようにねぇ!このミドリムシが!」

4812014/03/25(火)18:46:13 ID:KZwldaOrB

>>38
ミドリムシわらた

42名無しさん2014/03/25(火)18:42:13 ID:uKtNEnN3e

初春頃、老人は本を読んでいた。
聞こえるのは子供達の騒ぐ声、遊具の軋みだけ。
滅多に無い小春日和だった。
子供達が土手に掘られたトンネルに入って行くのを横目に見ながら老人はケイトとジョンの逢引を楽しんだ。
眩しかった。トンネルが爆発した。

44名無しさん2014/03/25(火)18:42:43 ID:V1km0yEBw

爆発の予兆はあった
でも俺は何もしなかった
いや、出来なかった
もし爆発が起きないにしても変わらない
それほどまでに爆発とは大きな事なのだ
それなのに俺は後悔した
せめてもの抵抗にも似た余韻に浸ることで俺は振り返った

5912014/03/25(火)18:52:15 ID:hcOQZmJN1

>>44
最後の行がややくどい気がする

47名無しさん2014/03/25(火)18:45:38 ID:fQDjTyC0l

爆笑したかと思うと急に真顔になる。何事かと様子を伺っているとアイツが口を開く
発した言葉は予想外の物だった
しまった・・・その手があったか・・・!
ただただ立ち尽くすだけの僕に勝ち誇ったアイツが迫る

60名無しさん2014/03/25(火)18:52:21 ID:FCfkRnqiP

>>47 体全体より全身のがいい気がする。あくまで個人的に

6412014/03/25(火)18:54:16 ID:hcOQZmJN1

>>47
爆発じゃなくて爆笑じゃねーかw

51名無しさん2014/03/25(火)18:49:07 ID:2xq63M632

俺は佐村河内守。作曲家だ。
ちなみに耳が聞こえない。巷では現代のベートーヴェンと持て囃されている。
・・・らしいが俺は全く耳が聞こえんからな。何を言われてもわからない。
今日も優雅にグラサンをかけ、スタイリッシュに街に出る。日常の中から作曲のヒントは生まれる。
・・・って新垣氏が言っていたこと思い出していた瞬間、背後で何かが爆発した。
爆音、人々の悲鳴、叫び・・・俺はそれら全てを「うるさい」と感じ振り返った。

6612014/03/25(火)18:55:36 ID:hcOQZmJN1

>>51
いいと思う

52名無しさん2014/03/25(火)18:49:17 ID:9WHkSQ7bo

トンネルを抜けると、そこは爆発した。

56名無しさん2014/03/25(火)18:50:33 ID:FQnknbzyU

>>52
それはあかんでよw

53名無しさん2014/03/25(火)18:49:57 ID:QusFFd3Dq

>>1
これ文章力の鍛錬かwww
面白いからいいけど。
みんなすげーなぁ・・・。

58名無しさん2014/03/25(火)18:51:35 ID:GpDcj9kmP

鼓動が早くなったのは、目の前の店が吹き飛んだからではなくーー
非日常が舞い込んできたのかという期待と興奮との感情であった

7112014/03/25(火)18:58:26 ID:r7qdg88SH

>>58
俺こういうぼかした表現好きだ

63名無しさん2014/03/25(火)18:53:46 ID:KzHXckTAB

爆発の事…ええ、あの時の事ですよね。わかりました…私で良ければ。
ううん、インタビューが嫌とかじゃないです、本当に。ええ、はい。
私は前を歩いてて、あ、爆発があった前です…場所が。
そしたら後ろから…あ、はい、大丈夫…すみません、お水、ください。
えっと…最初は、何か光って…それは覚えてるんです。
そこからはもう、何がなんだか…。体が竦んで、心臓が跳ねて、それに引っ張られるみたいに前にふっ飛ばされて…
それから…良く、覚えてないです。とにかくもう、熱くて、いろいろ真っ赤で…飛んでくる石とか…
逃げなかったかって、だって、何が起きたかもわからなくって。どっちに逃げるかも…
…ううん、そんなことも考えられませんでした。みんなそう、じゃないんですか?こういう時…
今?…今は…何も。なんとも…。あ、でも、あの道は…もう怖くて歩けない、かもしれません。あ、はい。ありがとうございます…

65名無しさん2014/03/25(火)18:54:57 ID:Fzp1jNUWQ

背後から爆発音が轟く。
一瞬の沈黙の後、恐る恐る振り返ってみるとそこには何も無かった。

7512014/03/25(火)19:03:04 ID:r7qdg88SH

>>65
シンプルなのはいいな

67名無しさん2014/03/25(火)18:56:16 ID:TgfEbCRLq

山向こうでなにかがキラリと光った。
白いキノコ雲。

頭のなかを目の前を縦横無尽に濁音の混じった無配列な文字郡がランダムに飛び交う。

やけにぬくい風に吹き飛ばれないよう、
足をふんばった。

真紀子は後ろから抱きついてきたようだ。
悲鳴を発したのかどうかさえわからない。

それが爆発音だと気づいたと同時に、
キノコ雲の下の辺りは街一個ぶんのクレーターができあがっていた。

69名無しさん2014/03/25(火)18:58:07 ID:ubz0FElTz

耳に違和感を感じたと同時、私の身体はアスファルトへ叩きつけられた。
顔面の激痛に目を開ける事すら出来ないまま必死の思いで頭を上げると、濃厚な油の匂いが鼻をついた。
恐らく血だらけであろう顔を手で拭い、灼熱感と痛みに耐えながら瞼を少しだけ引き上げる。

そこから見えた景色は到底この世のものとは思えなかった。
路上は炎の海と化し、ガードレールはねじ切られ、吹き飛ばされた車が無様に底部を晒している。
車から這い出してきた乗客たちはまるで亡者のように見えた。
奥に横たわる巨大な鉄のカーテンを見て、悟った。
タンクローリーが爆発したのだと。

7712014/03/25(火)19:04:16 ID:r7qdg88SH

>>69
すげえいいじゃんマジで

70名無しさん2014/03/25(火)18:58:17 ID:qXhdMNG4O

爆乳が俺の顔の前に! ええっ、寝てるよ、薄Tの隙間からビーチク
発見!
しめた、誰も見てない、、、
ただただ神に感謝しながら、凝視し続けた、、、、、、

72名無しさん2014/03/25(火)19:00:35 ID:FCfkRnqiP

背後で何かが爆発した。衝撃と爆風で俺は吹き飛ぶ。不思議と痛みは無く、体は軽かった。
閉めていた目を開くと、誰かの腕が目の前に落ちていた。
俺は喉が潰れる程の叫び声を上げる。腕に驚いたのではない。その腕は、あまりにも自分の腕に似ていたからだ。

74名無しさん2014/03/25(火)19:01:19 ID:9WHkSQ7bo

メロスは爆発した。完

76名無しさん2014/03/25(火)19:04:08 ID:625ndOZqX

ボスから指令がきた。今回の任務は敵軍基地の爆破工作だ。
爆薬や信管などは既に工作員が用意済み。
後はそいつから荷物を受け取り、警備の目をかいくぐりながら弾薬庫に時限爆弾を設置すればいいだけ。
帰りは爆発の騒ぎに乗じてトンズラするだけだから楽勝だ。

侵入にはおあつらえ向きな新月の夜。
暗闇の中で設置した爆薬に、タイマーを起動した信管を差し込む。
何かが無意識下で警告を発するが、もうすぐ巡回の警備が戻ってきちまう。
手早く作業を終わらせた俺は、弾薬庫とは遠く離れた茂みの中で腕時計を睨みつける。
起爆まで五、四、三、二、一……あれ?爆発しない!?
俺は先ほど無視した警告をようやく理解した。――信管に刻み込まれた”MADE IN CHINA”の文字だったのだ。

ボスの怒りが爆発した。

8412014/03/25(火)19:11:43 ID:r7qdg88SH

>>76
短い中にオチを用意できるのは強みだと思うな

78名無しさん2014/03/25(火)19:05:14 ID:6Oz5LgbI3

「…ザ様はお前を買っていらっしゃr」

――爆裂音 。

眼前で起こった出来事を直ぐには咀嚼できない。
獣の咆哮にも似た、大気の振動。
しばらく呆気にとられ、
気づいた時には相手の顔が
スローモーションで歪んでいた。

疾走するプライド。涙は追いつけない。

一拍。
――ドグワッシャァァァンンンン

涙が追いついた頃には、薄っぺらな背徳感がおしよせた。
「きっったねぇ花火だな。」

8612014/03/25(火)19:12:28 ID:r7qdg88SH

>>78
ベジータ乙w

83名無しさん2014/03/25(火)19:09:45 ID:BitORukD9

生きるか死ぬかの危機なら今までに何度も切り抜けてきたが。
「こればかりはどうしようもないな」
お約束すぎる展開に思わず失笑した。
これが終われば国へ返ってあいつと結婚する約束。
そんなお膳立てされた舞台に神様が残した最後の茶目っ気。
「赤か青か」
最後のコード。
覚悟なんて必要ない。
ただどちらか一方を適当に選び、目を瞑ってハサミを閉じるだけなのだから。
――なのに。
心を殺し、与えられた仕事を処理するだけの日々を繰り返してきた俺が、
死にたくないとこれほどに強く本心から思える日が来るとは想像だにしなかった。
俺を人間にしてくれたのは他でもないあいつだ。あいつのところに帰りたい。運命の赤い糸。
「なんてな」
青いコードを切り落として、俺は生涯を終えた。

85名無しさん2014/03/25(火)19:11:52 ID:qXhdMNG4O

>>83ハズレなんかい、、、、

8912014/03/25(火)19:16:01 ID:r7qdg88SH

>>83
うまい
ヤルネエ!

90名無しさん2014/03/25(火)19:17:47 ID:FQnknbzyU

耳を突き刺すような爆発音だった
近い
あわてて振り返るとそこには巨大なビルがそびえていた
都庁は黒煙を上げていた

9512014/03/25(火)19:21:45 ID:E1QRgki39

>>90
ビルがそびえているのは既にわかっていないと変じゃない?

98名無しさん2014/03/25(火)19:25:38 ID:tVwXxGik4

メロスは爆発した。
必ずしも、かの邪智暴君の君を除かねばならない。

9912014/03/25(火)19:27:07 ID:E1QRgki39

メロス好きだなwww

101名無しさん2014/03/25(火)19:28:28 ID:tVwXxGik4

親譲りの無鉄砲で子供の時より爆発ばかりしている。

102名無しさん2014/03/25(火)19:29:21 ID:uHqTTwen8

巨人が掌で握り潰したような炎が巻き上がり
天高く黒煙が空を舐め、千々に縮れた死体が
寒々しくアスファルトに転がっている

10412014/03/25(火)19:30:49 ID:E1QRgki39

>>102
硬い感じだけど悪くない

107名無しさん2014/03/25(火)19:31:18 ID:uKtNEnN3e

(いちゃつきやがってリア充爆発しろ)
ホントに爆発した。どうしよう泣きそう

108名無しさん2014/03/25(火)19:32:08 ID:qXhdMNG4O

>>107ワラタ

94名無しさん2014/03/25(火)19:21:23 ID:GpDcj9kmP

小説家志望大杉ワロタ

引用元:小説作家志望のやつら、お題「爆発した」で文章力の鍛錬してみないか?

2014年3月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。