Home > 未分類 > ホモコピペってなんで無駄に読ませる文章なの

ホモコピペってなんで無駄に読ませる文章なの

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:48:01.08 ID:LI56oBJX0


先日、二回目になるが例の浮浪者の親父と川原の土手でひさしぶりに会ったんや。

高架の下で道路からは見えないとこなんで、

2人で真っ裸になりち●ぽを舐めあってからわしが持って来た、

いちぢく浣腸をお互いに入れあったんや。

しばらく我慢していたら2人とも腹がぐるぐると言い出して69になり

お互いにけつの穴を舐めあっていたんだが、

わしもおっさんも我慢の限界が近づいているみたいで、

けつの穴がひくひくして来たんや。おっさんがわしのち●ぽを舐めながら 

ああ^~もう糞が出るう~~と言うまもなく、わしの顔にどば~っと糞が流れこんできた、

それと同時にわしもおっさんの口と顔に糞を思い切りひりだしてやったよ。

もう顔中に糞まみれや。お互いに糞を塗りあいながら

体中にぬってからわしがおっさんのけつにもう一発浣腸してから

糞まみれのち●ぽを押し込みながら腰を使い糞を手ですくいとり、口の中に押し込むと舐めているんや。

お互いに小便をかけあったり糞を何回もぬりあい楽しんだよ。

最後は69のままお互いの口に射精したんや。

3人や4人で糞まみれでやりたいぜ。おっさんも糞遊びが好きみたいじゃ。

わしは163*90*53、おっさんは、165*75*60や一緒に糞まみれになりたいやつ連絡くれよ。

岡山県の北部や。まあ~岡山市内ならいけるで。

はよう糞まみれになろうぜ。



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:48:50.75 ID:g6Wc9j+d0



人間としてのぬくもりを感じる



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:48:59.61 ID:b3v4hzTY0



やったぜ



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:49:49.65 ID:HBBufOCF0



流れるようなスピード感



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:50:25.26 ID:0UCoHDElP



あらためて読むと名文だな



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:50:27.12 ID:LI56oBJX0


俺はセンズリの時は必ず六尺を締めてやる。

そのまま発射するから六尺には雄汁がたっぷり染み込む。

それを一回も洗濯しないからチ○ポが当たる部分は変色し茶ばんで、

臭いもすげぇ雄臭くなっている。

昨夜もその六尺締めてセンズリした。

臭いが逃げないように六尺は密封ケースの中に仕舞ってあり、六尺二丁が生乾き状態で、

蓋を開けただけでムワッと雄臭え臭い立ち昇ってきて俺の性欲を刺激する。

全裸になって素早く六尺を締める。縦褌がケツにギュッと食い込むほどきつく締める。

六尺一丁の姿を全身鏡に映して眺める。週4でトレして日焼けマシンで焼き込んでる

ゴツクて浅黒い肉体が我ながら雄欲をそそる。

既に前袋の中では痛いほどチ○ポが勃起して盛り上がり先走りの染みがひろがっている。

俺はいろいろポージングして己の肉体美を観賞する。

雄臭ぇ。たまんねぇぜ。

俺は前袋ごとチ○ポを揉みしだく。

うぉっ!いいぜ。

長く楽しむために発射しそうになると手の動きを止める。

俺は交互に使ってるもう一丁の生乾きの六尺を顔に押し当て臭いを嗅ぐ。

臭ぇ臭ぇ。ギンギンのチ○ポからさらに先走りが溢れる。

こうやってじっくり楽しみながらいよいよ発射の時が来る。

褌マッチョ野郎!雄臭えぜぇー!と叫びながら六尺に中出しする。

六尺はドロドロベトベトになり部屋中に雄臭が漂う。

六尺を解いてすぐ密封ケースに仕舞う。今夜もまた世話になるぜ。よろしくな。



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:56:28.73 ID:3FCat0R20


やったぜ。 投稿者:変態糞土方 (8月16日(水)07時14分22秒)

昨日の8月15日にいつもの浮浪者のおっさん(60歳)と先日メールくれた汚れ好きの土方のにいちゃん

(45歳)とわし(53歳)の3人で県北にある川の土手の下で盛りあったぜ。

今日は明日が休みなんでコンビニで酒とつまみを買ってから滅多に人が来ない所なんで、

そこでしこたま酒を飲んでからやりはじめたんや。

3人でち○ぽ舐めあいながら地下足袋だけになり持って来たいちぢく浣腸を3本ずつ入れあった。

しばらくしたら、けつの穴がひくひくして来るし、糞が出口を求めて腹の中でぐるぐるしている。

浮浪者のおっさんにけつの穴をなめさせながら、兄ちゃんのけつの穴を舐めてたら、

先に兄ちゃんがわしの口に糞をドバーっと出して来た。

それと同時におっさんもわしも糞を出したんや。もう顔中、糞まみれや、

3人で出した糞を手で掬いながらお互いの体にぬりあったり、

糞まみれのち○ぽを舐めあって小便で浣腸したりした。ああ~~たまらねえぜ。

しばらくやりまくってから又浣腸をしあうともう気が狂う程気持ちええんじゃ。

浮浪者のおっさんのけつの穴にわしのち○ぽを突うずるっ込んでやると

けつの穴が糞と小便でずるずるして気持ちが良い。

にいちゃんもおっさんの口にち○ぽ突っ込んで腰をつかって居る。

糞まみれのおっさんのち○ぽを掻きながら、思い切り射精したんや。

それからは、もうめちゃくちゃにおっさんと兄ちゃんの糞ち○ぽを舐めあい、

糞を塗りあい、二回も男汁を出した。もう一度やりたいぜ。

やはり大勢で糞まみれになると最高やで。こんな、変態親父と糞あそびしないか。

ああ~~早く糞まみれになろうぜ。

岡山の県北であえる奴なら最高や。わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や

糞まみれでやりたいやつ、至急、メールくれや。

土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。



17: 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:15) :2014/01/16(木) 22:56:37.41 ID:VQSTSXC70



疾走感が凄い



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 22:58:15.77 ID:LI56oBJX0


全く最近の書き込み見えると情けなくって涙が出てくる。

ガチガチのガタイしたいいオスが「トロマン」とか言って

軟弱な菊門を誉めそやしてやがる。

アホかおめえら!

そんなユルユルの死体みてぇな穴に

チ○ポ入れて何が気持ち良いんだ?

男ならもっとビシッ!と括約を引き締めやがれってんだ!

俺はその為に毎日1000回の竹刀の素振りを欠かさない。

「オスッ!オスッ!」と気合を入れながら振り下ろす度に菊門にギュッ、と力を込める。 

こうして鍛え抜かれた俺の肛門は「トロマン」なんて軟弱なシロモンとは対極を成す、まさに「ガチマン」だ。

そのあまりの締まりにハッテン場じゃあ“万力のイチ”って呼ばれてる。

そんな俺だが、俺でさえホリ抜ける程の逞しいチ○ポの持ち主を心待ちにしている。

勿論、最高のシマリを味わいたい命知らずの挑戦も受付中だ!

毎週金曜21時頃はだいたい******の大部屋にいる。178*74*30角刈りにねじり鉢巻がユニフォームだ。

俺の鍛え抜かれた金鉱脈!掘れるもんならホッてみやがれ!!



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 23:01:18.96 ID:1F0gLR8+0



イサキはまだか



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 23:02:07.81 ID:LI56oBJX0


>>23

ゲイの出会い系で知り合った10歳以上年上のオジサンの家へ。

そしたら「これ着て責めて欲しい」と言われて、レンコン掘りというか、

魚河岸の人が着てるような胸まであるゴム長を着させられ、捻りハチマキをさせられた。

向こうは全裸。

まあこんなのもたまにはいいか、と愛撫してたら、オジサンが喘ぎ声の中、喋りだした。

「お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…た、大漁だった?ねえ大漁だった??」

…オレは突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまった。

オジサンは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうにオレに言った。

プレー再開。

耳とかをなめつつ体中をさわさわと触る

「お、おにいちゃん、大漁だった?」

「ああ、大漁だったよ」

「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、な、なにが、、ハァハァなにが捕れたの?」

乳首を舌でやさしく舐めながらオレは答えた

「…鯛とか、、、ヒラメがいっぱい捕れたよ」

セリフを聞き、オジサンはびくんびくんと身体をひきつらせた

「はっ!はぁぁぁあんっ!イ、イサキは?イサキは、と、取れたの??」

チ○コをしごく

「ああ。でかいイサキが取れたよ。今年一番の大漁だ。」

「大漁っ!!イサキぃぃ!!おにいちゃんかっこいいいいぃぃぃい ぃくううううう!」

実話です。。きっと漁師の人との幼い頃の体験というか、淡い恋心とかが

あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜でした。



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 23:01:36.44 ID:LI56oBJX0


野郎同士互いに眼とばして喧嘩腰で挑発し合いながら着ているもんを一着ずつ

脱ぎ捨てていって、褌一丁で取っ組み合いをやったり、最後には褌も外し、

いきり勃った陽物を見せつけ合ってセンズリをかき合い、互いの雄っぷりを

比べ合う勝負がやりてえ。野郎の前で照れとか羞恥心とかをどんだけ捨てて

センズリをかけるか、どんだけ気合いの入った雄自慢を野郎相手に曝け出して

誇示できるか、オラオラ!オッスオッス!ドーヤドーヤ!などと威勢よく連呼し合い、

雄くっせえサカリ声を上げて男と男の対マン勝負をやらねえか。野郎同士の対マン

雄比べと聞いて男の血が騒ぐような硬派気質の野郎どもは気合いの入った連絡をよこせ。

相手の雄っぷりに圧倒され、負けを潔く認めた野郎は、勝者の前に跪いて四つんばいになり、

尻を突き出して肛門を相手に曝し、男のプライドを捨てて女のように種付けを乞う、

そんな屈辱を味わうなどの条件つきでも構わねえぞ。俺は誰にも負けねえつもりだが、

俺を上回る野郎っぷりを見せてセンズリをかく野郎がもし現れたらそいつの前で潔く敗北を認め、

相手に本気で種付けを乞う覚悟はあるつもりだ。ただしそんな奴が本当に現れたらの話だがな。



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/16(木) 23:08:45.13 ID:uNdpnDLd0



ちょっとした文芸作品



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。